債務整理、司法書士とは

債務整理を行うにあたっては司法書士に相談する人も多いと思います。法律に関することならもちろんよく「町の法律家」などと呼ばれます。

債務整理以外で、まず司法書士の業務の中心となるのは「登記業務」です。

例えば住宅を購入する場合とか、不動産などの名義を売主から買主に変更する際などの所有権移転に関する登記手続きの代行などは司法書士の最も得意とするところです。

また起業して会社を設立する場合などには法人登記を行う必要がありますが、これも司法書士が主に行います。会社に関しては、いったん法人登記を行った後も様々な重要事項が変更されるたびに継続して登記や手続きなどを代行します。

また司法書士は、債務整理以外でも様々な書類を作成するという業務があります。主なものは企業法務、相続、成年後見、また140万円を超える金額の法的な問題に関しても本来当事者が作成するべき書類を、当事者の依頼によって作成します。司法書士が作成する法律関連の書類は、遺産分割時の協議書、企業の議事録、遺言書、成年後見申立書、破産手続開始申立書、訴状など非常に多岐に渡っていることも司法書士の業務の特徴の一つです。

また債務整理や、法律関連の書類の作成以外にも、法務大臣から認可を受け、また司法書士会によって認められた場合には、140万円以下の金額で、なおかつ簡易裁判所で審理される事件に関して弁護士同様の業務を行うことができます。このような司法書士のことを認定司法書士と呼び、一般の司法書士とは区別しています。

債務整理を司法書士に依頼するメリット

債務整理を考える場合に相談する相手としては司法書士が選択されることが多いようです。司法書士の多くは町中に事務所などを構えており、債務整理などの場合でも「駆け込み寺」として信頼感があるためです。

また債務整理は行いたいが弁護士に支払うほどの資金がすでに残っていないというような時にも、司法書士であれば比較的ハードルも低く相談できるというイメージもあるようです。

実際、債務整理においては弁護士よりも司法書士に依頼した方が費用的には大幅に安くなります。もちろん債務の内容や債権者の対応、どのような債務整理の手段を選ぶかによっても大きく異なりますが、極端な場合では弁護士に依頼した場合は50~60万円かかる債務整理が、司法書士に同じ内容で依頼した場合は5~6万円で済んだと言うような場合もあります。ただしここまで大きく料金差が出ることはそれほど多くはありませんが。

また債務整理を司法書士に依頼する場合でも、通常の司法書士に依頼するのか、あるいは認定司法書士に依頼するのかで、選択できる債務整理の方法などが変わってきます。通常の司法書士の場合では依頼者の権限を全うする代理人となることは認められていませんが、認定司法書士であれば代理人となってほぼ弁護士同様の業務を行うことが可能となります。

しかも内容的には同じような業務を依頼する場合でも、弁護士に依頼する場合よりは認定司法書士に依頼する方が費用が安くなることが多いので大変に助かります。

司法書士に依頼するのがふさわしい債務整理とは

一般の人では債務整理に取りかかろうとする場合、自分で手続をしようとする人は別として、弁護士か司法書士などに相談することが多いようです。

司法書士も弁護士同様、様々な法律に関する専門家で、たいていの法律相談には応じてくれます。ちなみに司法書士になるためには司法試験の国家試験に受かることが必要となります。また司法書士試験に合格した後にも日本司法書士会連合会にある司法書士名簿に登録をしなければ実際の業務を行うことはできません。司法書士試験は数ある国家試験の中でも難関中の難関で、合格率は2%前後となっています。

司法書士は日常的に裁判所、検察庁、法務局、地方法務局などに足を運ぶことも多く、法律的知識も豊富ですから債務整理の際にも非常に頼りになります。

また債務整理には自己破産、個人民事再生、特定調停、任意整理などの種類がありますが、任意整理に関しては依頼者の代理人として債権者と直に交渉する必要がありますので、たとえ依頼があったとしても一般の司法書士は受けることができません。しかし司法書士会によって認定を受けている認定司法書士であれば依頼人の代理として交渉にあたることが可能となるため、任意整理の場合でも問題ありません。

いずれにしても債務整理に関しては素人判断は非常に危険で、独力でなんとかしようなどと考えると債権者から相手にされず、取り返しのつかない事態に陥ることもありますから、必ず専門家に相談しましょう。

 

cms agent template0042/0043 ver1.0